体メンテナンスレポート

相続税に関する批判論と擁護論について

相続税は、一定の財産を持った個人が死去した際に行われる遺産相続において課税される税金です。

 

この相続税については以前より、批判論と擁護論が存在してきました。

 

相続税に対する批判論は、相続税が二重課税に相当することから発生しています。

 

相続税は一定以上の金額の財産に対して課税されますが、故人がこの財産を築く過程においては所得税や住民税、法人税などの税金をすでに支払っています。収入に対して既に支払ったそれらの税金の残りの財産に対して、更に課税されるのが相続税となっているのです。

 

そこで二重に税金を支払うことになるため、相続税は二重課税であり不要であるという批判論が存在しているのです。

 

一方、富の平等を重視する立場からは、相続税を擁護する意見が聞かれます。
相続税が存在しないと、富を持つ者がその富をそっくり子孫に譲り渡すことが可能となるため、それは問題だという意見です。

 

資本主義社会では、裕福な家庭に生まれた者はその元手を利用して、さらなる収入を稼げる傾向が強いものです。そこで相続税が存在しないと富の偏りが解消されず、貧富の差が世代を超えて継続してしまうため、相続税は必要だとする主張です。

 

このように相続税に関しては批判論と擁護論の異なる2つの立場がありますが、その立場の違いを反映して世界各国においても相続税の有無に差があります。

 

ちなみに日本におけて相続税の計算は複雑さを極めます。
以下のような専門サイトで丁寧に相続税の具体的な金額を割り出しておきましょう。

 

>>相続税計算

 

財政難にあえぐ日本では、相続税の課税範囲が拡大される傾向にあります。日本では当分の間、相続税は存在し続けることになります。

別れも人間を成長させる

人にとって別れというのは成長を促す一つの要素であると考えられています。
別れというのは自分にとってはマイナスの経験に思えるかもしれません。
しかし、そうした別れがあってこそ新たな成長を図ることができるものです。
器の大きな人に成長したいと思っているのであれば、まずは自分の心を磨くべきではないでしょうか。
だからこそ平穏な毎日を過ごしているよりも、別れなどのインパクトのある経験を重ねることによって、人間力のステップアップを図るチャンスを呼び込んでみてはいかがでしょうか。
自分がどのように成長するかは人生の歩み方一つで大きく変えられるものです。
あきらめずに心を磨くことを継続していれば、思いもよらぬ魅力が引き出されるようになるかもしれません。